株式会社建勝

【不動産】急な引っ越し...売却か?賃貸か?

お問い合わせはこちら

【不動産】急な引っ越し...売却か?賃貸か?

【不動産】急な引っ越し...売却か?賃貸か?

2022/03/25

みなさんこんにちは!
ハウスドゥ天白八事です♪

通勤路の桜が開き始めました。

川沿いの桜はもう五分咲きといったところで、目を楽しませてもらいながら出勤してきました。

 

店舗の前の桜はこんな感じで、これからゆっくり咲いてくれそうな感じです。
いよいよ春到来!といった感じです。

 

 


春といえば...。転勤の季節でもあります。

 

我が家も夫が転勤族なので、私も辞令にドキドキしているひとり。

子どもが小さいので、転勤先によっては帯同する可能性もゼロではありません。

 

こちらに長く赴任する予定で、マンションを購入していますが、転勤の時期と場所によっては、手放して移動ということも考えられます。

 

そんなとき、頭をよぎるのは

「ローンも終わっていないし、この家に戻ってくるかもしれないし、

 賃貸にしたほうが良い?それとも売却したほうがいい?」ということ。

 

 

何年後に戻ってくる。とハッキリと決まっている場合は、賃貸に出すのが良いかと思います。

他人が住むことで、家に傷がつくのが嫌という方もいらっしゃいますが、人が住んでいない家というのは、なぜかどんどん傷んでいきます。

 

 

 

家も生き物。

換気をしたり、水を流したり、人が手を入れることで、保たれている部分があります。
年単位で空き家にする場合は、カビや諸々の痛みを防ぐため、時々は足を運んで手入れをしなくてはなりません。

 

 

 

何年先に戻るか分からない、もしくは、戻る予定がない場合は、

売却を積極的に考えるのが良いと思います。

 

 

理由は以下の通りです。

 

・費用の発生

賃貸に出す場合、壊れた設備や老朽化した設備は交換・修繕しなくてはなりません。

退去、入居があれば、壁紙の貼替など、敷金で賄えなかった分の費用の負担も生じてきます。

 

・空室リスク

たとえば、夫の会社の場合は、会社で借り上げる住宅の広さに制限があるので、100㎡を超える物件を借りることが出来ません。なので、広いマンション、広い住宅は、賃貸に出しても「空室リスク」もついて回ります。

 

・税金

固定資産税などの負担もありますし、長い目で見て、損のないようにしっかり考えなければなりません。

 

・売却のタイミングを逃す

戸建もマンションも、やはり築年数が上がっていくほど値段が下がっていきます。「やっぱり売ろう」と思ったときに、大きく値下がりしている可能性があります。

 

 

 

今年は転勤はなかったわ...とホッとされている方も、

一度ご自宅を査定してみて、売るとしたら、貸すとしたら...とシミュレーションしながらご家族で話し合っておくと、いざというとき慌てません。

 

 

どっちがいいんだろう…とお悩みの時は、査定もかねて、ハウスドゥ天白八事に相談してみませんか?

 


 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。