株式会社建勝

【不動産売却】買取

お問い合わせはこちら

【不動産売却】買取

【不動産売却】買取

2022/04/11

ハウスドゥ天白八事です!

今日は花粉が凄いですね。不動産売却に「買取制度」が有るのはご存じでしょうか?

以下をごらんくださいませ。

 

 

不動産を売却する時には、「買取」と「仲介」の2つの方法があります。
「仲介」とは、不動産会社が購入希望者を探し、その購入希望者に不動産を買ってもらう方法です。
「買取」とは、不動産会社に直接不動産を買い取ってもらう方法です。不動産会社では買い取った不動産をリフォームするなどして販売をします。

 

 

「買い取り制度」とは、「買い取り制度付き仲介方式」や「買い取り保証サービス」といわれる制度のことで、はじめは「仲介」で売却してもらうのですが、一定期間が過ぎても買主が現れずに売却できなかった場合、不動産会社に買い取ってもらう方法です。
 
メリットは、購入者が一般の人であれ不動産会社であれ、多少時間がかかっても確実に売却できることでしょう。
 
住み替えのために売却する場合には、特におすすめの方法です。
なぜなら、一定の時期までには確実に売却できるため、資金繰りを確実にできるからです。
 
特に、売却したい物件のローンが残っていて、新たに住む家のローンも組みたいという場合には、早く売却してローンを完済しないと二重にローンを支払うことになります。また古いローンが残っているために、新しいローンが組めない場合もあります。
ですから、「売却が進まず、新しい家の購入が滞るのでは」という心配がある場合には、「買い取り制度」は安心で確実な方法だといえるでしょう。

「仲介」から「買取」へ移行する期間としては、1年前後としている場合が多いようです。 
「買取」の査定価格は、「仲介」の時の7~8割の価格が一般的のようです。
はじめから「買取」してもらうよりも‘売れない’期間が長くあるため、場合によっては買取価格が低めになることもあるかもしれません。
しかし、売れないリスクをなくす安心のための「保険料」だと思うと、納得できるのではないでしょうか。
 
住み替えの場合には、「買い取り制度」のある不動産会社を選ぶと安心かもしれませんね

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。